プロロジスパーク海老名2

プロロジスパーク海老名2について

「プロロジスパーク海老名2」は、物流適地として名高い神奈川県・海老名エリアに誕生する、まったく新しいマルチテナント型施設です。1階は冷蔵ニーズに応える施設計画で、厳密な温度管理が求められる食品流通業やメディカル業界のニーズに迅速に対応します。

ロケーション

交通アクセス【ロケーション】

交通アクセス【ロケーション】

開発地は、横浜中心部から20km圏内に立地。関東エリア一円を網羅する圏央道「圏央厚木IC」から約4km、東名高速道路「厚木IC」につながる国道246号にも至近です。
2020年度上期には、約6kmの地点に東名高速「綾瀬SIC(仮称)」が完成予定で、圏央道と東名高速の交差部に位置しています。

プロロジスパーク海老名2 所在地

所在地

最寄りの「海老名駅」は開発地から約2km。JR相模線、小田急線、相鉄本線の3路線が乗り入れています。
駅前には大型商業施設も充実。周辺には住宅地も広がっており、働く人が集まりやすい環境で雇用確保にも有利です。

 

冷蔵ニーズに応える、マルチテナント型施設

ドックシェルター イメージ写真

1階はドックシェルターを備えた冷蔵仕様

「プロロジスパーク海老名2」では、立地の特性を最大限活かせるよう、プロロジスのマルチテナント型施設としては初めて1階部分をドックシェルターを備えた冷蔵仕様とし、首都圏消費地への食品配送などのニーズに応える計画です。※写真はイメージです。

24時間操業が可能な工業専用地域

24時間操業が可能な工業専用地域

計画地は工業専用地域に立地し24時間操業ができ、さまざまな用途に対応可能です。また、一定の要件を満たせば「海老名市企業立地促進事業」を通じて税優遇や奨励金が受けられます。

施設計画概要

プロロジスパーク海老名2

所在地神奈川県海老名市
用途地域工業専用地域
階数地上4階建
敷地面積約17,000m²
延床面積約39,000m²
着工2019年11月(予定)
竣工予定2021年2月

 

プロロジスパーク海老名2 参考プラン 1階平面図

プロロジスパーク海老名2 参考プラン 1階平面図

プロロジスについて

世界有数の不動産会社として

プロロジスは、世界19カ国で約7,200万平方メートルの物流施設を所有・運営・開発し、3,700棟以上の物流施設を、製造業、小売業、輸送会社、3PL会社など、物流業務に携わる約5,500社の企業に賃貸しています。 物流不動産のリーディング・グローバル・プロバイダーとして、各国の主要な物流拠点、港や空港・高速道路の近くなどの立地に、グローバルサプライチェーンの構築に不可欠な、効率的な物流オペレーションを可能とする施設を提供しています。

プロロジスは米国の上場REITであり、2018年8月のDCT社買収完了に伴うポートフォリオを加えた総運営資産額は約920億ドル(約10兆円*)です。プロロジスは今後もカスタマーと投資家の皆様に対し、世界中の各地域において比類ないカスタマーサービスと、環境に配慮した持続可能な最新の物流施設のご提供を続けてまいります。

* 1米ドル=113円