プロロジスパーク岩沼1について

「プロロロジスパーク岩沼1」は、約45,700m²の敷地に、地上2階建、延床面積約50,400m²のマルチテナント型物流施設として、搬出入のスピードや物流作業の効率向上に重点を置いた計画としています。

プロロジスパーク岩沼1について

ロケーション

交通アクセス【ロケーション】

交通アクセス【ロケーション】

「プロロジスパーク岩沼1」は、仙台空港から至近の「岩沼臨空工業団地」内に立地。宮城県内はもちろん、東北地方全体への戦略的物流拠点としての利用が見込まれています。

プロロジスパーク岩沼1 所在地

所在地

開発地は仙台空港および仙台空港駅から約2km、仙台市中心部から約15km、仙台港から約18kmに位置しているのに加え、仙台東部道路 仙台空港ICから車で数分と、陸・海・空のアクセスに大変優れています。

作業の効率向上に重点を置いた計画

有効天高は6.5m、最小賃貸区画は1,500坪

有効天高は6.5m*、最小賃貸区画は1,500坪

最小区画は約1,500坪から賃貸可能。施設にはスロープを設け、大型車両の上階へのアクセスを可能とし、東北エリアでは希少性のある効率的な1フロアオペレーションを可能にします。

* =有効天高6.5mは2階のみ

施設計画概要

プロロジスパーク岩沼1

マルチテナント型施設

所在地宮城県岩沼市空港南3丁目
敷地面積45,704m²(13,825坪)
延床面積50,446m²(15,259坪)
階数地上2階建て
着工予定2021年3月
竣工予定2022年4月

 

事業継続をサポートする設備

※写真はイメージです。

施設内駐車場を約270台完備。快適で働きやすい環境

施設内駐車場を約270台完備。快適で働きやすい環境

広い敷地内には、建物外周に大型車両が走行可能な車路を整備するほか、トラックの待機スペースも十分に確保。また、施設従業員のための乗用車用駐車場を数多く整備し、利便性の高い職場環境を整える計画です。

セキュリティ(24時間有人警備)

セキュリティ(24時間有人警備)

マルチテナント型施設「プロロジスパーク岩沼1」では、24時間365日の操業を想定し、施設内の防災センターは24時間有人警備を実施。またロロジス社内の施設管理部門や設計部が連携し、保守管理にあたります。

 

防災性と事業継続への万全の備えを両立

防災性と事業継続への万全の備えを両立

近年増加傾向にある水害を想定した地面のレベル設定を計画し、人命および入居企業の使用する設備、荷物の保護を図ります。また、岩沼市は県、国と連携した多重防御による津波対策を行っており、東日本大震災と同程度の津波が起きても市内の安全を確保できることがシュミレーションによって確認されています。

東北地方における開発実績

東北地方における開発実績

プロロジスはこれまでに東北地方において9棟の物流施設を開発実績があり、現在は、宮城県内において2棟の専用(BTS型)物流施設「プロロジスパーク仙台泉」と「プロロジスパーク仙台泉2」を運営中です。

物流施設に関するお問合せ

プロロジスについて

世界有数の不動産会社として

プロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田 御酒、世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、NYSE:PLD)は、物流不動産のリーディング・グローバル企業として世界19カ国で事業を展開しています。2020年9月末時点で、計約9,000万m²の物流施設を所有・運営・開発し、3PL、物流、小売、eコマースなど、約5,500社のカスタマーに最新鋭の物流施設をご利用いただいています。

日本国内ではこれまでに100棟、総延床面積約688万m²の物流施設を新規開発し(開発中を含む)、現在61棟、総延床面積として約477万m²の物流施設を運営および開発中です。また、約48万m²の物流施設の開発用地を所有しています。今後もお客様へのよりよいサービスと、環境に配慮したサステイナブルな、物流の効率化に貢献するための最新の物流施設を世界各地で展開してまいります。