プロロジスパーク神戸3

プロロジスパーク神戸3について

「プロロジスパーク神戸3」は神戸テクノ・ロジスティックスパーク産業団地内に誕生するマルチテナント型の賃貸用物流施設です。西日本広域をカバーできる戦略的な物流拠点であり、サプライチェーンマネジメントの最適化に貢献します。

 

交通アクセス【ロケーション】

交通アクセス【ロケーション】

開発地は、物流・製造に最適な「神戸テクノ・ロジスティクスパーク」内に位置しています。高速道路アクセスはもちろん、公共交通機関が充実した立地です。神戸淡路鳴門自動車道と山陽自動車道を経て、三宮から約28分、大阪から約55分、神戸空港からは約50分と、交通アクセスが良好です。

プロロジスパーク神戸3 所在地

所在地

「プロロジスパーク神戸3」は、山陽自動車道「神戸西IC」より約1kmの地点に立地。全国に広がる広域幹線網に直結し、西日本を広域にカバーする戦略的な物流拠点です。

施設計画概要

プロロジスパーク神戸3

所在地兵庫県神戸市西区見津が丘
敷地面積19,225.00m²(5,815.56坪)
延床面積45,693.51m²(13,822.28坪)
階  数地上4階建
竣工予定2022年6月末

 

プロロジスパーク神戸3 参考プラン 1階平面図

プロロジスパーク神戸3 参考プラン 1階平面図

 

物流施設に関するお問合せ

プロロジスについて

世界有数の不動産会社として

プロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田御酒、世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、 NYSE PLD)は、物流不動産の リーディング・グローバル企業として世界 19カ国で事業を展開しています。 2020年12月末時点で、計約9,140万m²の物流施設を所有・運営・開発し、3PL、物流、小売、eコマースなど、約5,500社のカスタマーに最新鋭の物流施設をご利用いただいています。

日本国内ではこれまでに104棟、総延床面積約725万m²の物流施設を新規開発し(開発中を含む)、現在65棟、総延床面積として約514万m²の物流施設を運営および開発中です。また、約34万m²の物流施設の開発用地を所有しています。今後もお客様へのよりよいサービスと、環境に配慮したサステイナブルな、物流の効率化に貢献するための最新の物流施設を世界各地で展開してまいります。